オフィス・貸し店舗・貸倉庫の仲介実績No.1のビルプランナーが解説する、オフィス移転時の引越し作業について

株式会社ビルプランナー 株式会社ビルプランナー Webからのお問い合わせ
052-218-4555までお問い合わせください

名古屋の賃貸事務所を探す。 マイリスト登録件数0件、閲覧履歴0件です。

最新登録物件数:100,980

ホーム > 契約までの流れ > STEP6 引っ越し

契約までの流れ

STEP6

引っ越し 2ヶ月前(引っ越しと退去・入居)

いよいよ引っ越しです。現ビルと移転先ビルに配慮しながら、スムーズに引っ越しできるよう、計画とスケジュールを確認しながら、行動してください。

(1) 打ち合わせ・見積もり・業者下見

  • エレベーターの大きさや重量制限の確認
  • 搬入経路やトラックの駐車場所の確認
  • 搬出・搬入時間帯の確認

(2) レイアウト図通りに配置できるかの確認

(3) 事前工事

  • レイアウトによる事前配線工事
  • 受付、間仕切り等の事前工事

(4) 梱包、養生、搬出

(5) 原状回復工事の開始

  • 鍵の返却と保証金・敷金の返還

引っ越し・確認

移転日時
移転日時は他のテナントの出勤時間や昼休憩、退出時間と重なったりしないように、あらかじめ現ビルオーナーと移転先オーナーに相談してください。特に、他のテナントの移転との重なりに注意してください。事前工事や引っ越しの日時を入居テナントにお知らせすることも必要です。
現・新ビルの養生
荷物の搬出入で気をつけたいのが傷をつけたり、破損してしまうことです。大切な家具や機器はもちろん、 エレベーターや供用部、エントランスも最新の注意が必要です。引っ越し業者に新・旧ビルのしっかりした養生をお願いしましょう。
荷物の搬出入後
新・旧オフィスビルの養生を撤去した後、エントランスやエレベーター等に損傷がないか確認してください。 また、旧オフィスに残置物がないかも確認してください。
新・旧入居ビルおよびテナントへの挨拶
事前工事や引っ越しは他のテナントへご迷惑をかけることがあります。事前に一言挨拶することをお勧めいたします。新旧ビルのエントランスなどに作業内容や日時をお知らせすることも必要になります。特に事前工事では音が出る工事もありますので、最低上下、両隣のテナントにはご報告してください。
旧ビルの原状回復と契約消滅
退去後に原状回復工事を行いオーナーに返還します。工事仕様はビル指定の仕様に回復しての返還となり、期日は賃貸借契約継続期間中の返還となります。原状回復工事が終了すると鍵を返却し、保証金・敷金の返還を受けて旧ビル契約の消滅となります。
契約までの流れ
おすすめコンテンツ